電卓

給与計算ソフトで劇的な効率化【目的に応じてソフトを選ぼう】

特殊な業務にも対応

OL

多彩な業種に対応している会計ソフトが存在します。従業員が1,000人以上抱える企業であったり、特殊な会計処理が必要な事業を展開しているところであったりしても、柔軟に操作できます。日々の売上計算が楽ちんになります。

More Detail

経理担当の負担軽減

PCと電卓

給与計算代行は、忙しい年末調整の作業もすぐに終わらせられます。自社の経理担当の負担を軽減するだけでなく、人件費の面でもコストダウンが見込めるのです。残業の手間がなくなり、気軽にアフター5を満喫できるようになります。

More Detail

大量にデータ保存

女の人

クラウド会計システムなら、大量のデータを一挙に保存できます。それに、セキュリティの面でも、比較的強固となっているので、情報流出のトラブルを未然に回避出来ます。安全で大量のデータ保存をしたいなら、導入するのがおすすめです。

More Detail

労働法にも柔軟に対処

笑顔の女性

給与計算の効率化

企業に勤める社員が何より待ち遠しいのは、給与です。1ヶ月間のがんばりが反映されている分、高額な額が口座に入っているとテンションが高くなります。入った給与で、生活に必要な事に費やしたり、社員同士で飲みに行ったりできるのです。若干の息抜きと生活へのつぎ込みに重要な位置を占めています。そんな給与を計算する上で必要となるのが給与計算です。パソコンなどの電子機器が一般的になった現代では、社員の給与を計算する経理社員にとって欠かせないツールとなっています。給与計算ソフトが無いと、出勤日数などを小数点単位から電卓で細かく計算しなければならないの膨大な時間がかかってしまいます。出来る限り、経理業務の負担を削減するためにも、専用ソフトの導入を検討しましょう。有料なモノから無料のモノまで、幅広く存在しています。

改正された労働法にも柔軟に対応

有料から無料のモノまで幅広く存在する給与計算ソフトは、業務の効率化とコスト削減以外にも期待できる事があります。どのような事かというと、労働法に関連することです。日々働く多くのサラリーマンやOLさんが快適に働ける環境を作るための法律は変化が激しいものです。変化が激しい労働法にも柔軟に対処できるのです。開発先が、改正された内容を改めて組み込んでくれるので、いちいち自身の手で違反していないかチェックする必要がなくなります。ただし、ソフトによっては、ネット上で自動バージョンアップで組み込んでくれるタイプとそうで無いタイプに分かれています。事前に確認してから導入するのがおすすめです。

目的に応じた選択

便利で使い勝手のいい給与計算ソフトは、単に専用ソフトを使用すればいいわけではありません。企業の規模や単位、何に使用するために使うかを明確にした上で選ぶことが大切でしょう。特に勘違いされやすいのは、機能性の高いものでスペックの高いものは大は小を兼ねるイメージで選ばれています。ただ、使用しない機能やスペック分を補っても、イニシャルコストやランニングコストがかかってしまうだけです。本来なら低価格の給与計算ソフトで賄えるなら、その方が合理的です。それに、使い勝手のいい操作性であることも業務効率化に必要なことなので、選び方が大きなポイントになることでしょう。
また、目的に応じた選択をする上では、他のソフトとの連携機能があるかどうかの確認も必須です。最近は多くの企業でワークフローや社内SNSなどのシステムを使用されています。これと連携させることによってさらに業務効率化と情報共有化が進むことでしょう。特に同じメーカーのものを選んでおくと操作も同じようになるので、使いやすくて便利になります。